電話応対、得意ですか?

新入社員研修を行いますと、電話応対にかなりの苦手意識や、恐怖すら感じている若者が少なくないことに気づきます。

メールやLINEなどSNSでのコミュニケーションが当たり前の時代に、わざわざ電話をかける機会が少なく、不慣れなために苦手意識を感じるのでしょうか。

電話苦手世代、その理由とは

そもそも今の若者たちは、すでに携帯電話が普及していた子供時代を過ごしており、家の固定電話にでて、家族の誰かに電話をとりつぐ、といったこともあまり経験していないようです。

最近ではオレオレ詐欺事件も多く、電話口の知らない相手への警戒心もあり、子どもに固定電話をとらせない親もいるようです。比較的若い社員たちが、自分宛でない、会社の電話応対に緊張を覚えることも理解できます。

苦手を平気に!

それでもビジネスの現場において、電話応対は避けては通れないものです。

ハート・リレーションズのビジネスマナー研修は、電話応対の正しい知識と練習により、まずは電話というコミュニケーションツールに慣れていくことから、苦手を平気に、やがて平気を自信につなげていけたらと願います。

メールなどの文字とは違い、相手の気持ちがダイレクトに届く電話を通して、思わぬ感謝の言葉や「助かったよ」といったねぎらいの言葉をいただく時に、苦手と感じていた仕事に対しても、達成感や満足感を味わえるようになるかもしれません。

Follow me!

コメントを残す

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »