イマドキのパソコン苦手世代

最近の新入社員について、「ワードやエクセルの使い方がわからず苦労した」、「キーボードを片手でポチポチ入力していて驚いた」といった話を聞いたことがあります。

デジタル世代なのに、パソコン苦手?

デジタル世代の彼らがなぜ?と思いましたが、彼らはそもそもパソコンより先にスマホに触れてきた『スマホネイティブ』で、彼らはパソコンのキーボード入力より、スマホのフリック入力の方が断然速く文字が打てるそうです。

先日、友人の2歳の息子が、親のスマホを使って自分の写真をサクサク見せてくれた時に、ぞっとした事を思い出します。

苦手を知り、互いに学び合う

AI時代到来のこの時期に、ワード、エクセルを若い世代に教える意味があるのかと、少々考えてしまいますが、今のビジネスの現場では、パソコン抜きでは多くの仕事が成立しないのが現実です。

あらゆる世代がひとつに集まる会社において、円滑に業務を行なっていくには、それぞれの苦手や不得意を知り、互いにサポートしながら共に学んでいく姿勢が大切と言えるかもしれません。

Follow me!

コメントを残す

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »