言いづらいことを伝えやすく!

お客様や会社内のコミュニケーションにおいて、「言いづらいけれど、言わなければならない」場面は多々あります。
面倒なことをお願いしなければならなかったり、時には何かのお断りをしなければならなかったり、、、。言いづらいからといって、言わないわけにはいきませんし、かといって唐突に言っては角が立つかもしれません。

クッション言葉

そのような時、役に立つのが「クッション言葉」です。伝えにくく感じる「お願い」や「お断り」の前に“ひとこと”入れるのです。

例えば、
・「お忙しいところ、恐れ入りますが、」
・「大変お手数ではありますが、」
・「差し支えなければ、」
・「あいにくですが、」
・「ご期待に沿えず、大変申し訳ないのですが、」

たった一言で変わる?

もしかしたら、上のような「クッション言葉」、実は日常生活でよく耳にしているフレーズかもしれません。これらのクッション言葉が入るだけで、聞く側は次にどんな話があるかを予想することになり、心の準備ができ、受け止めやすくなるようです。

時に緊張を感じるような場面であっても、まずはひと呼吸おいてから、「クッション言葉」を使い、やわらかなコミュニケーションを心がけましょう。そして、相手が受け入れてくれた時には、心のこもった感謝の言葉も忘れずに!

Follow me!

コメントを残す

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »